ディフェンス理論5

前回は中を切るということを説明しました。今回は奪われた後のことを説明したいと思います。

オフェンス時ドリブルをしてボールを進める状況があると思います。当然相手のプレスに負けてボールを奪われることもあると思います。その時の話です。

基本的に奪われた瞬間は

思いっきり奪い返しに行きます。

といっても全員で取りに行くのではなく基本は、奪われた人が奪った敵に対して速攻で激しいプレスを仕掛けます。

というのも奪われた直後は奪った敵自身も完璧にはボールを収められていない可能性が高いです。つまりちょっとしたルーズボールのような状況になっている可能性が高いです。であればその隙を狙って激しくチェイシングしに行きます。多少足を削る形になると思いますがやられたらある程度はやりかえしましょう。

取られた0.5秒後ぐらいまでなら足をガツッと絡ませてチェイスすれば結構奪い返せます。

この理論はサッカーでもよく言われる

トラップ際を狙え

ということと似ています。

フットサルにおいてもこのことは言えます。相手がトラップした瞬間はファンブルしやすいのでそこに詰めて奪うというやり方も有効です。ただしフットサルではボールがローバウンドであることや相手がそれなりの上級者ならトラップ際を狙うと逆にフェイントでやられる場合もあるので、よほどイケると思った場面でなければ不用意に突っ込まない方が良いでしょう。その辺は理論1で書いた通りです。

話を元に戻しますが奪われた直後は激しく奪い返しに行くと結構取れたりします。しかしここで一つ注意点があります。激しくチェイスしに行っても上手くいなされてしまった場合はそれ以上の深追いはやめましょう。余りに深追いをしてディフェンスの陣形が崩れるとその隙をやられてしまいます。おとなしく味方とディフェンスをスイッチしましょう。

、、、そうはいってもやられたらやり返したくなりますよね笑

何度もやられてる相手なら地の底まで追いかけても許されるんじゃないかと個人的には思ってます笑

次回は奪われてさらに取り返せないときやパスカットされた後のディフェンスの仕方を説明したいと思います。

30歳からフットサルで日本一を目指すためのメソッド(サラリーマンをしながらどこまでやれるか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です