ディフェンス理論4

理論3では自陣に引き込むというディフェンスのやり方を紹介しました。今回はディフェンスにおける鉄則をいくつか紹介したいと思います。

まずよくあるのが

中を切る

これはサッカーでも基本ですね。どういうことかというと、相手と一対一の際中央・サイドどちらを重視して突破されない(パスを出させない)ようにするかというと、中央(中)です。相手がパス・ドリブルどちらを選択するにしても中央に侵入されることが一番失点のリスクを増やしてしまうからです。相手が中央でボールを持つと選択肢がたくさん増えてしまいます。

・パスコースが増える(中央にいれば全方向に出せる。サイドにいるとに片側が死んでしまう)

・シュートエリアが広い(サイドからのシュートはゴールの角度が狭い)

などなど。ではどうしたら良いかというと

基本やや半身に構えてサイド(外)側に敵を誘導します。

もしくはパスコースをサイドに限定させます。サイドライン際に抜かれることは逆に言えばコーナーに相手を追いやることになります。コーナーからは角度の狭いシュートしか打てないので危険性は低くなります。

サイドにパスを出させることも同様でリスクは低くなります。外で回すだけなので。

フットサルにおいてサイド(コーナー付近)からシュートを打たれることは良しとされています。まぁ良くはないんでしょうがフットサルゴールの小ささを考えるとコーナー付近からの角度の無いシュートは確率が低いですし、キーパーが止めれるものと捉えるのが一般的です。

やはり怖いのは中に入ってこられて(もしくは中に対するパスを許して)相手に好き放題させてしまうことです。

なので基本中を切る。これを頭に入れておきましょう!

次回もディフェンスの鉄則を紹介します。

30歳からフットサルで日本一を目指すためのメソッド(サラリーマンをしながらどこまでやれるか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です