ディフェンス理論3

理論2ではプレッシャーのかけ方。声を掛け合ってマンマークをズラさない様にし常にプレッシャーをかける、ということを説明しました。

理論3ではそこに少しスパイスを加えたいと思います。スパイスというか鉄則というかプランその1というか。

よくあるのが

①自陣に引き込む

ということです。どういうことかというと、サッカーで考えれば分かりますがコートが広ければ広いほどスペースがあるのでいくらマンマークをしていても外される可能性が高くなります。分かり易く言うと相手がちょっとスピードのある人だったりするとヨーイドンの縦勝負でやられたりします。ドリブルのスペースがあるので。ではどうしたら良いか?プランその1としてスタンダードなのが自陣に引き込むという考えです。

やり方は簡単です。

ハーフライン付近までは適当にディフェンスする(特にトップにいる味方は適当に疲れない程度にボールを追います)。ハーフライン辺りからしっかりマンマークする。

これだけです。これによってどういった現象が起きるかと言うと。

全体の間隔がギュッと狭くなります。

間隔が狭くなるとどうなるか分かりますよね?そうです、相手が勝手にミスし易くなります。パスの出し所も無くなるしドリブル突破も防ぎやすいです。もしドリブルで一人抜かれても抜いた先には次の味方がいます。フットサルのさらにコート半分のスペースでしかも密集地帯で抜いていくのは相当のテクニックがいるでしょう。それこそ県リーグクラスでないと難しい。

ポイントとしては味方のトップは無理にボールを追わないことです。フルコートの状態で無理に追い回しても取れる可能性は低いですから。疲れるだけです。ちなみにプラン2は

②フルコートでマンマークでトップから徹底的に追い回す。

というやり方です。

全員がマークを決めて相手のアンカー(フィクソ)に味方のトップが激しくプレス、パスでさばかれたら次の味方がパス先の敵にさらにプレス、これをずっと続ける。

これ、非常に疲れます。。。もちろん敵陣で奪える可能性が高いので味方ゴールに遠い分抜かれても失点リスクは低くなるというメリットもありますが。いくつかデメリットが有ります。フルコートで選手間の距離が間延びするので抜かれたらその後のスペースを使われます。ドリで抜かれたらそのままゴール前まで持って行かれるケースが多いです。しかも間延びしてて味方が自陣にいないことが多いので3対1みたいな絶望的数的不利を招きます。

よってプラン②はあまりお勧めできない。中級者までの相手なら効果的ですが県リーグクラス相手では大変危険です。ドリブルで抜く技術を持った人がたくさんいますから(実際県リーグは自陣に引き込んでのプレスしてるチームがほとんど)自陣でしっかりディフェンスをする。これが大事だと思います。

次回はディフェンスの鉄則をいくつか紹介したいと思います。

30歳からフットサルで日本一を目指すためのメソッド(サラリーマンをしながらどこまでやれるか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です