ディフェンス理論2

理論1では無理に奪いに行かず適度な距離を保つことが大事、ミスさせることが大事と説明しましたが、ではどうやってミスを誘発するのか?

簡単に言うと

プレッシャーをかけます。

チーム全員で。なので基本は

マンマークです。

正確に言うと基本マンマーク、カーテン状態の時は無理に追わずスイッチするのでそこはゾーン。という感じです。理論1でも書きましたがフットサルにおいて数的不利を作られることは即これ死を意味するのでゾーンでなんとなく守っているとズレた所(一瞬数的不利の状態)をやられます。つまりマンマーク。

ではどうやったら流動的な動きの中でマンマークをしていくことが出来るのか?それは

声を出してマークの確認をする

ということです。

シンプルですがこれをやらないとズレます。そりゃ相手もマークを外そうとグルグル動きますから。なのでまずは自分はマークする相手を見つけたら

○番マークします!

と大きな声でチームメイトに伝えてあげてください。そして余裕があるなら近くの人に「○○君○番マーク行って!」と指示してあげましょう。サッカー未経験の人は最初他人に指示なんてしにくいし遠慮してしまうでしょうが、これをしてもらうと指示された側もマークが分かり易いしお見合いすることも無くなります。(野球でもフライキャッチの時声出してアピールしますよね?あれをしないとお見合いしちゃいます)

あとこの指示出しはトップ目の人は中々後ろが分からないのでやりにくいです。出来るだけ後方の人や余裕のあるキーパーが指示出しをしてあげましょう。こう言った指示出しを

コーチング

と言います。(間違ってたらすいません)

声出しって最初慣れないと中々出来ないんですよね~、一つは恥ずかしいし遠慮しちゃうから。自分が下手なのに命令していいのか、とか思っちゃったり。あと息が上がって物理的に声が出せなくなる笑。でも心配しないでください。ちょっとフットサルやってる人やサッカー経験者からしたら声出ししてくれるのはほんと助かります。お互いの連携が強まりますから。嫌がる人は多分いない、もしくはフットサル分かって無い笑。

そんな感じです。声出していきましょう!

声出してマークをズラすことなく張り付いていくことが相手にプレッシャーをかけることになります。

そしてミスの誘発に繋がるんですね。次はもう少し踏み込んだプレッシャーのかけ方をしていきます。

30歳からフットサルで日本一を目指すためのメソッド(サラリーマンをしながらどこまでやれるか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です