オフェンス理論9 ~パスの出し所~

前回までボールを持った際の動きを説明しましたが、今回はパスについて説明したいと思います。

パスですが、出す所は考えていますか?パス先の味方に対し敵が詰めてきている場合、またはプレッシャーが無くフリーの場合、などシチュエーションの違いで出し所を変えてあげると受け手が楽になると思います。

例えば受け手のマークが近く、すぐプレッシャーを受けてしまいそうな時は

少しマークから逆目に(自陣寄りに)パスを出します。

こうすることで受け手がマークと逆側に動いてボールを受けることができ、セーフティにトラップすることが出来ます。

逆に受け手のマークが甘くフリーな感じなら

少し敵陣寄りにパスを出します。

こうすることで受け手が前を向き次の一歩を踏み出しやすくなります。

ほんのコンマ数秒のことですがここら辺を出し手がコントロールしてあげることで受け手がスムーズに次の行動に移れます。

言い換えれば出し手が受け手の行動を操ることもできます。遠藤やシャビといった上手いパサーは多分出す場所を丁寧にコントロールしていたと思います。

逆に受け手はこのパスにメッセージを読み取ることが出来ます。

出し手が自陣寄りにパスを出してきたときは、「敵がすぐ迫ってるぞ!」というサインになりますから後ろを向いてても敵のプレスを察知することが出来ます。もちろん正確なパスを出せた上での話になりますが、、、。

みなさんもパスの出し所、考えてみてください。ワンランク上のプレーに繋がるかもしれません。

30歳からフットサルで日本一を目指すためのメソッド(サラリーマンをしながらどこまでやれるか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です