オフェンス理論4 ~攻撃のスイッチはハーフライン~

前回までは基本的な動きについて説明しました。パスをしたら抜ける(スペースに動く)。基本中の基本ですね。

今回はオフェンスをする際どこで攻撃のスイッチを入れるか、について語っていきたいと思います。

ここもチームによって色々と意見が分かれるところだと思うのですが、僕は基本

ハーフラインを越えたぐらいから

だと思っています。

この辺はサッカーと考え方が似ていて、後ろで仕掛けてもメリット少ないのでは?という考えが根底にあるからです。

自陣でドリブル突破を試みたり無理なロングパスを入れても失敗する確率が高いですし、奪われた瞬間は自陣ですから非常に危険です。

以前ディフェンス理論で少し説明したかもしれませんが、選手間が間延びしていたり、攻撃中は態勢が前掛かりになっているので奪われた瞬間は非常に危険な状態です。

逆にハーフラインを越えたあたりで奪われても自ゴールからは遠いですし、縦のコースさえ切れば大きな危険はありません。

つまり仕掛ける場所は

ハーフラインを越えたあたりからが望ましい

と思うのです。(これ賛否両論あります。みなさんはどう思われますか?)

なので基本ハーフラインを越えるまでは

後ろの二人ぐらいで適当に回す

これで良いと思います。

これはメリットがいくつかあって、後ろで横に回すことで

相手のトップを疲れさせる

という意味があります。やっぱり回されると疲れますから。相手のトップの体力を奪うことでゲーム後半の相手の足を止めることが出来ます。

この時はそれほどパス&ムーブを意識しなくてもいいと思います。あんまり裏抜けし過ぎるとこちらも疲れてしまいますから。どちらかというとハーフラインを越えるまではこちらは温存、向こうをバテさせる。ということを意識していけばいいと思います。

もちろんもし後ろで適当に回してる最中に相手がマークを緩めたらどんどんロングパスとか放り込んでも良いと思います。

そしていよいよ本番。相手コートに上手くビルドアップ出来たらそこからはスイッチを入れてパス&ムーブの動きで敵のマークをズラしていきましょう。

もしくはどんどんドリブルでチャレンジしていってもいいと思います。この辺りはチーム戦術によると思うので最後までパスで崩すも良し、メッシのような選手に預けて勝負させるも良し。チームの色が出る面白いところですね!

サッカーでもこの理論はスタンダードになってきていますね。グアルディオラなどはアタッキングサードエリア(ペナルティエリアの前ぐらい)までは安全にビルドアップして、アタッキングサードではタレント(メッシやネイマールなど)に任せるというやり方を採用していました。

このやり方ではチャレンジ失敗してもカウンターがそれほど怖くないですよね。

フットサルでもこのやり方がベターかなと思います。

以上がフットサルにおけるオフェンスの基本理論です。

次からは個々の動きを切り取ってスパイスとなる動きを説明していきたいと思います。

30歳からフットサルで日本一を目指すためのメソッド(サラリーマンをしながらどこまでやれるか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です