オフェンス理論3 ~マークをズラす。エイト・クワトロゼロ~

前回のオフェンス理論ではパス後にスペースに動く、特に味方との距離を上手く保って敵と敵の間に動く、ということを説明しました。

今回も動き説明したいと思います。

個サルやエンジョイで知らない人と組んだり連携を取れない場合は上記のパスしてスペースに動く、で充分だと思うのですが、チームで同じメンバーでやっていくならもう少し連動的に動きたいですよね。

その動きが

エイトやクワトロゼロ

になります。

フットサルでは色んな動きがあって一概にこれが良いといった動きがあるわけではなくその時の状況に応じて動きやフォーメーションを変えていく必要があると思います。

エイトは主にダイヤモンド型フォーメーションで採用される動きです。

ピヴォ(トップ)を残して後ろの三人が八の字を描くようにグルグルパスをしながら動いていきます。その動きの中で隙を見つつマークがズレたらピヴォにボールを当てる、などしていきます。

クワトロ(ゼロ)は主にボックス型のフォーメーションで採用される動きです。

後ろの二人がパス交換をしパスを出した人は前の味方とポジションチェンジしていくという動きです。

この二つの動きに共通して言えることは、どちらも狙いとして

敵のマークをズラす

ということです。

結局フットサルの動きは敵のマークをズラすためにあると言えます。この基本動作以外にもよくパラレラやジャゴナウなど抜けていく単発の動きがあると思いますが、要するに色んな動きをして敵のマークをズラし、その穴をついてパスやドリブルを仕掛けていくというのがフットサルの基本的なオフェンスなんだと思います。

こういった理論はサッカーでも言えることですが、サッカーよりもっとコートが狭くマンマークの強いフットサルではワンパターン(縦にスピードで抜けるなど)の動きでは中々相手を出し抜くことは出来ません。なので複雑な動きをいろんなパターンで取り入れ相手をズラす必要があるのだと思います。

エイトやクワトロ、こういった動きの説明は絵が必要なのでまた改めて詳しく説明したいと思います。

次回は攻撃のスイッチを入れる場所について説明したいと思います。

30歳からフットサルで日本一を目指すためのメソッド(サラリーマンをしながらどこまでやれるか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です